GO! GO! PANTHERS!!

NFL カロライナ・パンサーズ応援ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WEEK6 セインツ戦レビュー あれ? 試合展開ファルコンズ戦と一緒じゃね?

たとえばチームが勝ったり負けたりを繰り返している際に記事を書く場合、それぞれの試合について一喜一憂し、良かったところ悪かったところをつらつら書けばよい。それでなんとか体裁は保つことができる。

しかし、こうも負けてばかりで、しかも負けパターンが大体同じとなると、改善点やら思うところやらが似通ってきて、何を書いたらよいのか分からなくなり、非常に困る。

そこで、記事の書き出しぶりを多少変えてみたのだが、果たしてそれで読んでもらえるのかどうか。

とりあえずハイライトを見てください。どうぞ。






試合の展開は大量リードされて、何とか追いつくも致命的なミスを犯してそのまま負けるというファルコンズ戦と似た展開。
ニュートンが退場してないくらいかな、違う点は。時間経過と得点の変遷は非常に似ている。要するに前と同じように負けたよ、改善できてないよ、ということ。

①ディフェンス大崩壊
ブリーズにパスをバンバン通されます。ほんまに。3&ロングのシチュエーションをパスで更新されるのが、見ていて精神的にきつかった。何であれが止められないのか。3rd&ロングの状況を作ればほぼ守備の勝ちではなかったのか。
パスラッシュはかからない、レシーバーはがら空きで、もうパスが止まりません。カバーのいいときもあるんですけど、何か空くんですよね、一人ほど。で、そこに通される(´・_・`)
1試合あたりの平均失点は29・3点で、リーグ30位だそう。そりゃ負けるぜ。

②ニュートン、パスが通りません。
ブリーズのパスがおもしろいように通る一方、ニュートンのパスは「惜しい」と思ってしまうパスがいっぱい。少し手前に落下したり、奥に飛んだり、高かったりで通らないパスが散見されました。まあ、それらのほぼすべてがロングパスだったので、合わせるのが難しいゆえに仕方のないことなんですが、どれか一発でも通っていればなと思いました。パスインターフェアを誘発してゴール前から攻めることはできたんですがね。あれは狙ってるんでしょうし、なかなか良い戦略だと思います。反則頼みは悲しいが。

そもそも今回47回もパスを投げたんですが、そんなにパス偏重にする必要はあったんでしょうかね。ニュートンが脳震盪明けで走れないから、トリプルオプションの破壊力が減ることを考えてランを出さなかったんですかね。それか、セインツのセカンダリー的にパスが通ると思っていたのか。
でも、ランも確かにばんばん出る感じじゃなかったし難しい判断です。

4Qのインターセプトをタッチダウンにつなげられたのは良かったです。昨年の勝ちパターンのシーンを見ているようでした。
スラムダンクで安西先生が、リバウンドをとるのは2失点を防ぎ、2得点を生む、つまり4点分の働きだと、桜木花道に教えるシーンがありますが、それを思い出しました。パンサーズはターンオーバーで7失点を防ぎ、7得点を生み出してたんですよ、昨年は。そらつえーわ。

③ガノさん、スペシャルチームさん、しっかりしてください。
ガノは4Qに同点に追いつくエクストラポイントのキックを外します(*`皿´*)ノ 
交代要員がいないので今すぐは変わらないでしょうが、多分シーズン終わったら解雇されるんじゃないですかね。来シーズンもガノと一緒にやってるビジョンが私にはないです。第1週のブロンコス戦や、今週のセインツ戦のように要所で外すキッカーは信用できません。同点のとき「これ、オーバータイムになったらキッカーの差がひびくな」と私は思いました。私が思うんですから、コーチ陣も頭のすみにはありますよね、きっと。

スペシャルチームはパントリターンで相手にビッグリターンを許す場面がありました。あれも今シーズンちょいちょいあるんですよね。早く改善せねば。
ただ、アンディ・リーがタックルに行って止めたのは良かった。この人、移籍前、パントリターンのときタックルに行かなかったという点が不安視されてましたからね。心配だったんです。でも、根性見せてくれました。ありがとう。

④スチュアートおかえり
スチュアートの活躍が目立ったと思います。やっぱりアーティスペインやウィテカーら、控えとは何かがちがう。一枚上手です。アーティスペインは一発でファーストダウンを更新したり、6,7ヤード出たりすることがほぼないんですが、スチュアートはそういうランが試合中に数回あります。タックルされてからの粘りとか、うまく穴を見つける能力とかがわずかに優れているんでしょうね。怪我なく最後まで試合に出ていたので良かったです。バイウィーク明けからも暴れてください。

⑤あれってラッフィング・ザ・パッサーになるの?
ニュートン、ブリーズともに、ラッフィング・ザ・パッサーの反則をもらっていましたが、あれってだれから見ても反則のタイミングなんですかね。個人的には今回の審判厳しめだなと思ったんですが。まあ両者に平等にとってくれればそれでいいんですが。
ただ、カワン・ショートのやつはあかんけどな。ブリーズの顔なぐってるしね。

反則で言えば、ギンへのロングパスで、カバーしていた選手が追いかけている途中ころんで反則になったんですが、押したりしてたんですかね。ちょっとぶつかってこけて反則もらえるなら、みんなするけど。なんであれ反則だったんだろう(´・_・`)

⑥で、結局改善点はどこ?
守備はセカンダリーにタレントが不足しているのか、はたまたプレイコールが悪いのか。多分両方だろうな(´・_・`) うちが勝つためには、先にも述べたようにターンオーバーを奪取することが必要不可欠だということを今回感じました。なので守備はターンオーバーを奪いましょう。
攻撃は今回の調子でがんばって。ニュートンにはパスの精度あげてほしいと思ったけど、脳震盪明けなので、まあしゃあない。
スペシャルチームはガノがしっかり入れること、リターンされないこと。

⑦そろそろドラフト指名権争いに参戦か。
地区内順位はもちろん最下位。ということはディビジョンの中でもかなり下。リーグの中でも下。ドラフト指名が楽しみな順位になってきました。
1位はブラウンズ。0勝。これ、ライオンズ以来のシーズン全敗あるくね? ダントツ。
2位パンサーズ、ベアーズ、49ers、ジェッツ、1勝。パンサーズ、ジェッツの昨年からの落ちっぷりがひどい。

⑧おわりに
こんだけ負けてますが、バイウィーク明けたら確変が起きて連勝街道をつきすすむのではないかと、夢を見ております。
だからがんばれパンサーズ。連敗に負けるな。

スポンサーサイト
[ 2016/10/18 23:38 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)
week5&6
またコメントさせていただきます。
実は普段はブログにコメントしない人なのですが、負けのストレスがコメントを書かせています。

week5&6をまとめてコメントするので長くなるかもしれないですが、ご容赦ください。(なお、私もスキーム等は詳しくない素人ですので雑感という感じです。)

まずは一言。
③「ガノーさん、何やってるの!!!」

week5&6では、結果的に直接敗因になっていないものの、スーパーボールではずし、week1では敗因となり、その後もちょくちょくはずす。
もちろん、week4&6の前半ではそれぞれ反撃の可能性を残すFGを決めてますが、肝心の勝負所でこれでは……。

②④week6後半は昨シーズンの(≒本来の)攻撃が戻ってきた感じがします。やはりこのチームはニュートン・スチュワートの二枚看板、いやより勝利の鍵を握っているのはスチュワートの方でしょうか。

結局、得点が入りだしたのは1Q終り頃から1バックを使い、スチュワートのパワーランを出し始めてからでした。
初っ端からしなかったのは、スチュワートが怪我明けだったので様子見したのでしょうか?
結果的に、ここまでに21点入れられたのが後々響きました。


①弱点であるDB陣の影響がそれぞれ出たweek5&6でした。

week5は数字上はよかったですが、前半ランでコントロールされたのは弱点のパス守備に気が取られたとも裏をかかれたとも見ることができると思います。結果、最後もランを有効に使われ、時間を使い切られてしまいました。

またweek6は直接DB陣を切り裂かれることになりました。相手は先発LTアームステッドが不在でしたが、パスラッシュが十分にかかりませんでした。
WRクックスへの1Q&4Qのロングには思わず声をあげてしまったものです。

⑥実は、DB陣はベンウィッカリーが解雇された時にすでに育成モードに入ったと考えていたので、今後若手DBがどう伸びるかを首を長くして見守ることになるでしょう。
また攻撃はOTかWRの戦力UPがポイントになりそうです。WR陣は伸びしろがありそうなので頑張ってほしいです。(でないと、ニュートンではパスオフェンスに波ができてしまうでしょう。)

⑧同地区・他地区・今後の対戦相手から考えても、今年はweek17で終える可能性が高そうですが、若手選手の成長とわずかな可能性を信じて(過度な期待はせず)いい試合を見せてくれるよう応援していきます。

[ 2016/10/20 02:45 ] [ 編集 ]
Re: week5&6
素人のCARファンさん、またまたコメントありがとうございます。励みになるので、どしどしコメントお願いします(笑)

おっしゃっておられるようにスチュアートの存在がでかいですね、意外に。スチュアートのランが出るとオフェンスが機能するイメージ。

セカンダリーは成長を期待ということですが、そんなすぐに成長するんですかね。でもまあ、それをぐちぐち言っても仕方ないので我慢して待ちますが。

また遊びに来てくださいね。
[ 2016/10/22 18:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よーへー

Author:よーへー
NFLが大好きなアラサー男です。

試合結果や感想、NFLの魅力を伝えます。

パンサーズを応援していますが、どのチームも好きなので、ネタはいろいろです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。