GO! GO! PANTHERS!!

NFL カロライナ・パンサーズ応援ブログ

キャパニックの不起立と殺害予告

49ersのQB、コリン・キャパニックが、人種の不平等や警察による黒人射殺に対して、抗議の意味を込めて試合前の国家斉唱中に不起立を行っている行動が物議をかもしています。

みなさんは、どのように感じられますか?

キャパニック しゃがむ

 インターネットの記事や、ニュースなどでちょっと見聞きした程度でしか、警官による黒人の射殺事件については知りませんが、正直なところひどいなと思います。両手を挙げて寝そべり、「撃たないでくれ」と言っている医者が撃たれている動画を見ましたが、おどろきました。

 銃社会アメリカでは、警官がそのような対応をしてしまうほどに、誰もが銃を所持していて、発砲されることが日常茶飯事なのだろうと思います。免許を見せろと言って、車のダッシュボードから免許でなく銃が出てきて撃たれるなどというシチュエーションは映画でもよく見ます。
 私は父が警察だったので、警察にもいろんな事情があるのだろうと、私は考えてしまうことがあります。

 しかし、一方で、海外の警察はわいろをもらえば犯罪を見逃したり、逮捕したりするとも聞きます。父もそのように言ってました。クラブで仲良くなったやつにいつの間にか薬物をポケットに入れられ、警官が見逃してほしければ金を払えと脅したりするやつもいると聞きます。もちろん、警官と薬物入れたやつはグル。友達が東南アジアに行った際、そんなことになりかけたと言ってました。


 キャパニックの行動は「国や国歌に対して失礼だ」というニュアンスで批判されているのですが、意外(?)なところから支持されていています。
 それが国のために命をかけて戦う軍の人たち。キャパニックが不起立をするという自由、国民の自由を守るために、われわれは戦っているんだ。というツイートがたくさん見られます。

 初め、キャパニックの行動を見て「何やってんだこいつは」と私は思いました。スポーツ選手がそういう国の政治的な問題に対して試合の中で意志を表示するのってどうなんだろうと感じたからです。キャパニックはちょうどスターターから外されていて、「お前そんなことしてる場合か」とも思ったからです。

 でも、キャパニックがインタビューで、何よりも大切なことだと答えていたり、軍人やほかの選手が支持しているコメントを見たりしているうちに少しずつ考えが変わってきました。
 英雄とたたえられているあのモハメド・アリも、黒人の差別に対する行動で、王座を剥奪され逮捕されていますし、そういう行動は大衆に認められるのに時間がかかります。なので、今批判されているキャパニックも、数年後には、すばらしい行動だったと言われるのかもしれません。
 現に、キャパニックの行動に賛同する選手や、ファンも増えてきました。キャパニックのジャージの売り上げは、TOPになったそうです。SNSを活用して自分の考えを広めたり、実際に行動を起こして世相に訴えかけたりするところが、アメリカ人ってすごいなと思います。そういうところは日本も見習わないとな、と思います。

 さて、そんなキャパニックですが、一連の行動が原因で殺害予告をされたようです。
 日本には外国人が少なく、人種差別問題についてあまり実感がわかないのですが、こういうのを見聞きすると、まだまだアメリカの人種差別は根強く残っているのかなと感じます。
 早く人種差別がなくなり、理不尽な扱いを受ける人が減ってくれればと思います。

スポンサーサイト
[ 2016/09/22 08:35 ] 雑談 スーパープレイなど | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よーへー

Author:よーへー
NFLが大好きなアラサー男です。

試合結果や感想、NFLの魅力を伝えます。

パンサーズを応援していますが、どのチームも好きなので、ネタはいろいろです。