FC2ブログ

GO! GO! PANTHERS!!

NFL カロライナ・パンサーズ応援ブログ

ようこそ、ノーブ・ターナー! ニュートンをポケットパサーに!(笑)

この記事を編集していて気付いたことが1つ。
・・・・・・ワイルドカードのセインツ戦のレビュー、下書き保存したままほったらかしでした((((;゚Д゚)))))))
ショック。
もう結構前のことで、すでにディビジョナルプレイオフが終わってしまったので、もういいや。

さて、気を取り直して。
ノーブ・ターナーが新しくパンサーズのOCに就任しました。

私はコーチ陣については、選手以上に無知なので、ノーブ・ターナー氏について少し調べてまとめてみました。

ノーブターナー


ノーブ・ターナー。65歳。ノースカロライナ生まれだそうです。縁を感じますね。

ダラス・カウボーイズに所属していた時代に2回スーパーボウルを制覇しています。あのトリプレッツと呼ばれた、トロイ・エイクマン、マイケル・アービン、エミット・スミスがいた時代です。

過去に所属していたチームは以下の通りです。
ロサンゼルス・ラムズ WRコーチ 1985-1990
ダラス・カウボーイズ OC 1991-1993
ワシントン・レッドスキンズ HC 1994-2000
サンディエゴ・チャージャース OC 2001 2007-2012
マイアミ・ドルフィンズ OC 2002-2003
オークランド・レイダース HC 2004-2005
サンフランシスコ・49ers OC 2006
クリーブランド・ブラウンズ OC 2013
ミネソタ・バイキングス OC 2014-2016
カロライナ・パンサーズ OC 2018-現在

2007-2012年のチャージャース時代のことを述べた記事をよく見たので、このときがキャリアの最盛期だったのかな?
当時のチャージャースと今のパンサーズを比較した記事によると、選手の層に似ている点があるとのことです。曰く、マキャフリーがダレン・スプロールズ、オルセンがアントニオ・ゲイツ、ファンチェスがマイケル・フロイド。

しかし、ニュートンのようなタイプのQBと組むのは初めてで、今までは純粋なポケットパサーと組んで勝ってきたようです。チャージャースで言うとリバースですね。
ニュートンのようなスタイルの選手を生かすことができるのか、ポケットパサーとしての能力を花開かせることができるのか、そこがノーブ・ターナーが加入した新オフェンスの注目ポイントになるでしょう。

ノーブ・ターナーはダウンフィールドにパスを投げるオフェンスを展開するスタイルだそうですが、チームとしてはニュートンの怪我を防止するために彼のランプレイを減らしたいと以前から考えていました。なので今回の人事はそのような点も考慮されたのかなと思います。

また、ノーブ・ターナーが在籍していてチームが勝っていたときには、有能なRBがチームにいたそうです。
カウボーイズ時代はエミット・スミス。チャージャース時代はラダニアン・トムリンソンとダレン・スプロールズ、バイキングス時代はエイドリアン・ピーターソンです。なんと彼のNFLのキャリアの31シーズン中、21シーズンでチームに1000ヤードラッシャーがいたようです。
パンサーズはランオフェンスが今季4位でしたが、リーグを代表するようなエースRBがいるのではなく、ニュートンが走れる&パスが下手という理由でランによる総獲得ヤードが増えるという結果になっています。これがランが強力ととらえるのか、仕方なくランを展開してるととらえるのか、微妙なところです。

少なくとも1000ヤードラッシャーはおりません。なので、ESPNの記者、デビット・ニュートンによると、RBがスチュアートだと不安は残るとのことです。
ニュートンにランプレイの負担をかけないよに、ドラフトかFAでRBの補強をするのではないか、スチュアートがチームから放出される可能性もあると述べています。

私自身も今年のランオフェンスにはかなり不満を感じていました。スチュアートとマキャフリーではDLを突破できないシーンが多く、結局ニュートンをからめていく必要があったからです。怪我をあまりしないニュートンですが、可能性はありますし、彼が抜けた穴は非常に大きくなってしまいます。セインツ戦の一時離脱もかなり痛手でしたし。

ノーブ・ターナーが自分の得意なオフェンスを展開しようとするのか、それともニュートンを生かす新しい策を編み出すのか、来季のパンサーズオフェンスに注目です。
願わくば、ニュートンには早くポケットパサーになってほしいです。ランも魅力なんだけど、いったん封印してパスの精度上げようぜ。
スポンサーサイト
[ 2018/01/20 11:31 ] 未分類 | TB(-) | CM(1)
牛にひかれて善光寺参り
雪の東京でびしゃびしゃ、くまです。新OCとニュートン、素晴らしい化学反応が起こることを期待してます。新OCはともかくもニュートンのマンパワーで覚醒間違いない!と信じたい。それと提起されたRB問題。個人的にはスチュアートは大好きですがリーディングラッシャーが狙えるかというと....。よくよく考えるとオフェンスはなんだかんだこのメンツで良くやってますよね!オルセンも本調子ではなく、不安の多いレシーバー陣だし。
で、話はあちこち飛びますが、まずはOLDLをカチッとさせましょう、ここは譲れません。チームの編成も考えると本当に楽しいですよね。
[ 2018/01/23 08:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よーへー

Author:よーへー
NFLが大好きなアラサー男です。

試合結果や感想、NFLの魅力を伝えます。

パンサーズを応援していますが、どのチームも好きなので、ネタはいろいろです。