GO! GO! PANTHERS!!

NFL カロライナ・パンサーズ応援ブログ

ディビジョナルプレイオフ レビュー②

こんにちは。今年の冬はあったかいなーと思ってたら、いきなり雪でしたね。
まあ、NFL見て家で過ごすだけなのでかまわないのですが。

今回はディビジョナルプレイオフのレビュー第二弾です。

パッカーズ@カウボーイズ
スティーラーズ@チーフス

この2試合を簡単にふりかえりたいと思います。

ハイライトをどうぞ。





パッカーズ対カウボーイズ戦
結果は34対31でパッカーズの勝利でした。
下馬評ではNFC第1シードのカウボーイズが有利と見られていましたが、アーロン・ロジャースが持ち前のパスで勝ってしまいました。
カウボーイズがスーパーボウルに行くと久しぶりのことでおもしろいな、もうパッカーズはええで、と思っていた私は、カウを応援していたのですが、やられてしまいました。
ただ、試合は4Qになってからカウボーイズが追いつき、パッカーズが引き離す、それをまた追いつき、と展開が最高に熱かったので、内容としては満足です。

①とにかくロジャースのパス、これに尽きる。

エースRBのエディ・レイシーと、エースWRのジョーディー・ネルソンが欠場していたパッカーズ。さすがのロジャースもこの戦力不足では、さすがに苦しいだろうと思っていたのですが、ばんばんパスを通します。
カウボーイズもDLがポケットを縮めるのですが、ロジャースのポケットワークがうまく、時間を作られてしまいます。すると一瞬レシーバーがフリーになり、ロジャースは抜群のコントロールでそこへパスを投げ込みます。
サイドラインの外にボールを投げて、レシーバーがギリギリボールをとるプレイが何回もあり、鳥肌ものでした。あんなプレイされたらオフェンスが止まるわけないです。
きわめつけは残り時間わずか、自陣からの攻撃、3rdダウンロングのシチュエーション。私は見ていてオーバータイムだなと思ったのですが、前述のフットワークと持ち前のコントロールで、まさかのFG圏内に。このあとクロスビーがキックを決めてパッカーズの勝利。もうロジャース、すごすぎとしか言いようがなかったです。
主力のけが人が多いものの、ロジャース自身はゾーンに入っていますし、スーパー制覇もありえるのかもしれないと思ってきました。

②エリオットのランをもっと使っても良かったのでは?
カウボーイズの試合をレギュラーシーズン中、全く見ていないので、何とも言えないですが、エリオットのランが非常によく出ていたので、ランをもう少し多めに出して時間を消費しても良かったのではないかと思いました。特にロジャースがTDを2本とったあたりからそう思いましたね。なるべくロジャースがフィールドにいる時間を減らす方が良いと、あのとき見ていて感じました。普段もパスとランの比率あんなもんなんですかね。

エリオットは外を走っても良し、中央を抜かせても良しで、非常にすぐれたRBだなと思いました。中央のランが抜ける回数多すぎでしょう。ラインがいいのだとは思いますが。
プレスコットも、4Qの終盤には同点に追いつくドライブを展開しましたし、新人離れしていますね。とても肝がすわっているなと思いました。
戦力が整っている間にスーパー出たいでしょうね。

スティーラーズ対チーフス戦
パッカーズ対カウボーイズを見て、すぐゲーパスを切り替えたのですが、めちゃくちゃ音声がうるさくてびびりました(笑)
さすがシアトルと肩を並べるだけはあります。
スティーラーズの得点がすべてFGという、こちらも目が離せないおもしろい展開の試合でした。
結果は18対16で、スティーラーズの勝利。
チーフスはまたもプレイオフで勝利することができませんでした。んー、堅守に手堅いオフェンスと、いいチームなんだけどな。

①スティーラーズのオフェンスの偏りがすごい
キラーBと呼ばれる、ベン・ロスリスバーガー、レベオン・ベル、アントニオ・ブラウンの3人。この3人がやたら目立つ。
というか、ランはほぼベル、パスはほぼブラウンでゲインします。
こいつらさえマークしとけば何とかなりそうなものなのに、なぜか止められない。
特にベルのランは不思議。ハンドオフを受けてからOLの後ろでしばらく穴が開くのを待って、するする~と抜けて行きます。そこまで速いわけでもなさそうなのに。的確に穴を見つけて走る能力が突出しているんだなと思いました。

②チーフスディフェンスがすごい
負けてしまったものの、スティーラーズオフェンスに一本たりともTDを許さなかったチーフスディフェンスは称賛に値すると思います。気合の入ったタックルも数回見られ、見ていて熱くなりました。

③チーフスオフェンス、しっかりしよう
一方オフェンス、いまいち。チーフスは堅実なオフェンスを展開するけど、いまいち爆発力がないのが、毎年気になります。そして、
トラビス・ケルシーのアンネセサリーラフネスはほんまくそ。いまいちうまくいってないからて、反則やラフプレーしてきたわけでもない相手を思いっきり突き飛ばすとか(゚д゚)  頭いかれてます。
あと最後の2ポイントコンバージョンでホールディングをしてしまった、フィッシャー、残念。ほんまに残念すぎる。と、同時に、まだ現役であれだけやれるジェイムス・ハリソンにもおどろき。すげー。

おわりに
ワイルドカードプレイオフよりも、圧倒的におもしろい試合だったディビジョナルプレイオフ。
ただ、勝ち残ってるチームが毎年恒例のチームな点が不満です。゚(゚´Д`゚)゚。
そういうわけで・・・・・

常勝チームをけちらしてくれ、ファルコンズ! RISE UP!
スポンサーサイト
[ 2017/01/21 18:51 ] 2016年シーズン | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:よーへー
NFLが大好きなアラサー男です。

試合結果や感想、NFLの魅力を伝えます。

パンサーズを応援していますが、どのチームも好きなので、ネタはいろいろです。