GO! GO! PANTHERS!!

NFL カロライナ・パンサーズ応援ブログ

ポイントをしぼって見る。WEEK13 シーホークス戦プレビュー

WEEK13はサンデーナイトなんですね。ほかの試合が大方終わり、全米が注目する試合になります。

前回の敗戦により、プレイオフ進出が絶望的となったパンサーズ。今回から勝ち負けよりも、今後のドラフト戦略や、チームの現状の理解につなげるために、見るポイントをしぼって観戦しようと思います。

car@sea.jpg

①けが人情報
アウト
DE マリオ・アディソン
LB ルーク・キークリー
S  カート・コールマン
OT ダリル・ウィリアムス

Sトレ・ボストンはマイケル・グリフィンとスナップを分け合うとのこと。
OLはレイダース戦の終わりと同じメンバーになる。LTマイク・レマーズ、LGアンドリュー・ノウウェル、Cタイラー・ラーセン、RGクリス・スコット、RTトレイ・ターナー。

②守備バックとOL
やっぱりセカンダリー陣は気になる。なので、守備の中では特にバックスを見て、今後の補強をどうするか考えたいと思います。まあセカンダリーは怪我人多くて正規メンバーじゃないので何とも言えないですが。
見るならブラッドベリーかな。

オフェンスではOLに注目。けが人が相次いでいますし、オアーの代わりも見つけないとダメでしょう。K猫さんのアドベントカレンダー3日目のモックドラフトの記事では、うちはOTを指名していましたしね。

③ニュートンには注目しない
ニュートンがINTしないか、判断ミスらないか、気にはなるんですが、彼にそのような課題があるからといって代わりのQBを補強して交代することはないでしょう。ニュートンが自分で改善しないと仕方ないことで、ドラフトやFAでは改善できません。
なので、とりあえず放置。

④負けるが勝ちなのかも。
この現状では負けてドラフト順位を1つでも上げた方が得だと思います。しかし、サンデーナイトで公開処刑をされるのは嫌です。
なので、良いプレイ、拮抗した試合展開を見せつつも、惜しくも敗れるという展開がいいかな。

勝ってもうれしいし負けてもうれしいという、ポジティブ思考で試合を楽しみたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2016/12/04 07:52 ] 2016年シーズン | TB(-) | CM(7)
この時期に緊張感なく見るというのが少しさみしいですが意地はみせて欲しいところ。あとこのゲームを放送予定だったNHKがカードを変更したのも少し残念。

個人的には以下の点に注目したいです。

DF
DB(ブラッドベリー・ウォーリー・ボストン)
先週PFFの評価が高かったSボストン(81.5)、CBウォーリー(80.9)。ウォーリーはWRクーパーを3キャッチ19yardに抑え、ボストンにもサックがありました。

ただウォーリーはタックルミスが多く、ボストンは先週のWRクラブツリーのロングの時に余っていたなど、なんとなくいい選手かわからない感じ。ちょっと見極めたいところ。

OF
やはり注目はぼろぼろのライン。OTオアーがキャリアとしてダメなときに今オフFAのOTレマーズと再契約するのか、あるいはその価値があるのか。

また今年気になるのが4-3体型のチームによく負けている点。
(個人的にはSB・今シーズン初戦のイメージでエッジラッシュに弱い(≒3-4体型に弱そうな)イメージでしたが…)

4-3:2勝5敗、3-4:2勝2敗

単純に比較できないものの4-3体型のチームに勝ったうちLA戦はOLはボロボロといってよく、3-4体型のチームに負けたうち1つは勝ちが拾えてたかも…というKC戦でOL陣も比較的保っていた方だった、というのも考えると今年のOL陣はどうも4-3体型のチームが苦手らしい。

ということで、サンプルとして適当でない試合かもしれないが、ちょうど相手が4-3体型のチームということで、ラインが負ける場合にどのように相手DFがOLを崩すのか、弱点を知るうえで注目したい。


[ 2016/12/05 00:51 ] [ 編集 ]
一応、感想
試合見る前に、このゲームは駄目だろう(@SEAなんて普段でも勝ち目が五分あればいい方なのに)と思い結果を先にみると案の定ボロボロでした。

とはいえ、一応見る気がなくなる中でなんとか全部見ましたので一応感想を残しておきます。


OF
4メンのブリッツなし・TEありのOLという状態でもがっつりプレッシャーをかけられる始末。エッジからももちろん、C・Gも押し負ける感じ。まあ急造OLでもあるし、プレッシャーに弱い方のニュートンですからオフェンスの結果はこんなところでしょうか。
(ブリッツ時:0/8、アンダープレッシャー時:4/12(PFFのレビューより))
その中で、苦しい中でWRギンがターゲットとしてそれなりの働きをしてくれましたが、エースのはずのWRベンジャミンはさっぱり。

DF
DTラブ
試合途中のSEAのOLの働きの映像でOLに止められていたのが印象に残りました。

Sグリフィン・Sボストン・CBウォーリー
DB陣のタックルミスが多く、この3人のミスが気になりました。ボストンはINTは記録したもののランやRACなどで向かってくる相手に対してはぎこちない感じ。ウォーリーもパス守備でよかった場面はあったが…。Sコールマンの穴は結構大きかった。

91:DEライアン・デレアー
PFFレビューでは3回のミスタックルで槍玉に挙がっていた選手。
DEジョンソンの代わりに2Q終わりから入り、DEイーリーの逆サイドでDEホートンと分け合いながらプレー。
恐らくパスシチュエーションのDEで、何回かQBに迫るシーンがあったので後半はそこばかり見てました。4Qに入るとパワーで押し負けるシーンがいくつかあり、その点がこの選手のネックなのでしょう。


服装規程について
チームの服装規程なのでHC次第でゲームの最初から出ようと思えば出れたのでしょうが、PO進出がなくなった状態でチームの規律を保つことを考えるとなあなあにはできなかったということで個人的には納得しています。
まあニュートンの心情もわからないでもないのですが…。

[ 2016/12/12 04:54 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
情報ありがとうございます。4-3と3-4でちがうんですね。僕は全然違いを見分けることができませんが。

ボストンはおっしゃる通り、いいのか悪いのか微妙。平凡なランクの選手なのかもしれないですね。
[ 2016/12/18 13:05 ] [ 編集 ]
Re: 一応、感想
私がさぼっている間に、コメント欄でレビューしてくださるとは!
まいどありがとうございます。

服装規定はチーム内だけのものなんですね。チームの規律を保つことを考えてのことなら私も納得です。しかし、1プレイ目からINTくらうとは思ってませんでしたが。

[ 2016/12/18 13:09 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/12/26 19:19 ] [ 編集 ]
Re: マイケル オアー
こんにちは。ようこそ。
そのように当ブログへたどりつかれる方がいて驚いています。とてもうれしいです。
さて、マイケル・オアー選手ですが、シーズン序盤から脳震盪で欠場が続いております。
大きな怪我をして今シーズン中の復帰は難しい選手のリスト(専門用語忘れました)に最近は登録されていたと思います。
昨シーズンはスーパーボウル出場の原動力の1つとなってくれていたのですが、今シーズンは脳震盪で残念ながらほぼ出場していません。
脳震盪でこれだけ欠場が続いているのは、選手生命的にも良い状態ではないと考えています。来シーズン復活してくれればと思いますが、また同じように脳震盪を起こせば引退するかもしれません。
[ 2017/01/01 09:41 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/01/02 21:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:よーへー
NFLが大好きなアラサー男です。

試合結果や感想、NFLの魅力を伝えます。

パンサーズを応援していますが、どのチームも好きなので、ネタはいろいろです。