GO! GO! PANTHERS!!

NFL カロライナ・パンサーズ応援ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ムチャ投げはやめろおおお! WEEK10チーフス戦 レビュー

6勝2敗と好調のチーフス戦。
しかし、ここ数年試合を見ている感じ、そんなに強いイメージがない。だから、私は「これ、勝てんじゃね?」と思ってました。自分とこは3勝5敗のくせに、厚かましくも。

そして意外や意外、パンサーズリードの展開に。
多分、試合を見ていた方もひいき目抜きにして、3Q終盤までは、「あ、これパンサーズ勝つな」と思ってたんじゃないですか? 

しかーし、4Qに入り問題のプレイが・・・・・・。
ハイライトどうぞ。


ニュートン、ムチャ投げはやめろおおおおおおお((((;゚Д゚)))))))

①敗因 ニュートンのムチャ投げからのインターセプトリターンTD。
状況は以下の通り。
第4Q試合残り時間、10分51秒。3rd&6。自陣29ヤード地点からの攻撃。6-17でリード。
チーフスがブリッツをしかけ、2人選手が漏れてくる。ニュートンがこれをさけきれず、1stダウン更新をねらい、オルセンに無理な体制からパスを投げる。それをエリック・ベリーが狙っていたかのようにインターセプト。
パンサーズはうまくタックルできず、するするかわされタッチダウン。

これに尽きる。このINTの前にも何Qか忘れたが、ラッシュがもれて入ってきたとき、ムチャ投げしてINTされそうになるシーンがあった。プロなので、2回も同じミスを許してくれるほど甘くなく、きっちりINTを決められました。多分ニュートンが無理するのを見越していた感じがします。
私が解せないのは、なぜあそこで無理投げをする必要があったのか、ということ。4Q残り10分で、得点差は11点。試合の展開からすれば、そこで無理しなくても勝てたでしょ。
また自陣深いことからも無理すべきではなかったと思います。

②モメンタムの変わり目。
第3Q試合時間残り、2分ほど。
4thダウンギャンブルをしてまで敵陣に入ったのに、サックを2連続で浴びてFGすら蹴れず。
ニュートンのINTが目立っているけれど、これも大きなミスだったと今になって思います。このあたりから何か雲行きが怪しくなってた。
ここで17点を20点にしておけば結果は変わっていたにちがいない。

③オフェンス
すでに述べたが、OLが3Q終わりに2連続でサックを許したのが響いた。特に60番はディー・フォードにこの試合で2回サックを許してる。60番はRTのダリル・ウィリアムスか。調べて、名前覚えたからな。しっかりせえよ。

レシーバー
ベンジャミンはよかった。最後ボールとられたけど、試合を通して相手を圧倒していた。だからこそ、逆に納得がいかない負け方。
ギンは他の方もおっしゃっていたが、最近調子がいい。こないだまで連発していた落球がない。足の残し方もいいし、随所で活躍しています。
オルセンもさすがとうなるキャッチがあった。ほめた直後に落球したのにはがくっと来たけど。

ランニングバック
スチュアートのランが出なくてびびった。全くと言っていいほど、ランが出ない。後半の立ち上がりあたり、ランを連発で出したら割と出たが、そこだけ。
ランが出なかったのでどうなるかと思ったが、意外とパスが通ったので勝負になっていた。

④ディフェンス
まず根本的に、チーフスレシーバーの落球が非常に多かった。簡単な球をぽろりして3rdダウンに自分から追い込まれていっていた。
逆転のTDパスも、アスミスのオーバースローで通らなかったし。
やっぱりミスしたらだめね。

なのでカバーできてるときはできてたし、できてなかったときは相手がミスして自滅してた、故に失点を抑えられていたという印象。
それをふまえて個人の活躍について。
トレ・ボストンは今シーズン初INT。おめ。あの動きは良かったよ。ただ抜かれてるときもあったので気を付けて。
ダリル・ウォーリーはタックルミスして、ゲインを許してる場面が1回記憶にある。あれはひどい。一回で倒せずとも、他のヘルプがくる時間をかせぐ程度のタックルをしよう。
ブラッドベリーはいい感じ。
DLはプレッシャーをかけることができていたと思う。ポケットが縮まっている場面を割と見た。3rdダウンでサックも出てたし、良かったのでは?
LBはキークリーとトーマスがハッスルしまくり。キークリーは1人だけ早送りかってくらい脚動いてるし、トーマスも反応が早くて即タックルに行ってた。ハッスルしすぎてラインから出た選手を押して、アンネセサリーラフネスもらったのは良くなかった。ロスタックルしたのに、15ヤード罰退やったからな。確かそれをFGにつなげられた。

⑤スペシャル
まさかのアンディ・リーがハムストリングの怪我で離脱。どのタイミングで怪我したかはよく分からない。
代わりにガノが出てきたけど、本職と違って滞空時間が短い。リターナーを囲む前にボールが落ちてくるもんだから、ガンガンリターンされる。あれはやばかった。
で、アンディ・リーはIR登録に。シーズン イズ オーバーって書いてるから今シーズンの復帰はないんやろな(←IRの制度詳しくない)。
代わりにマイケル・パラディーという、今シーズンブラウンズとファルコンズのプラクティス・スクワッドにいたパンターを獲得。
リーは、敵陣10ヤード以内に落とすパントを連発することもあり、オフェンスのふるわない今シーズンのパンサーズにはなくてはならない存在でした。彼がいなくなって、パントチームはどうなってしまうのか。新人の活躍に期待します。

⑥小さな喜びと次戦に向けて

記事を書くにあたってプレビューみたけど、ちゃんとニュートンに「持ちすぎるな、ムチャ投げするな」と書いてて笑った。さらにターンオーバー厳禁と書いてた。21点とれば勝てる、と書いてたのも割と当たってるし、その辺がうれしくて、唯一の救いとも言える。
まあ、ニュートンへの忠告とターンオーバー厳禁は、どのチームのどの試合にも言えることですが。

負け方にがっくりきてツイッターを見てると、どうやらパンサーズの負け方が、今週のありえない負け方ランキング1位ではないようなので、今からそれを確認します。

WEEK11は同地区ライバルセインツ戦。しかもサーズデーナイトです。衆目の目の前で聖者にフルボッコにされないことを願います。

まだ6敗目。残り全部勝てばいけるぞ。GO! PANTHERS!!(もうやけくそ)

スポンサーサイト
[ 2016/11/15 00:19 ] 2016年シーズン | TB(-) | CM(2)
お疲れ様でした・・・
更新お疲れ様です。
そして、ほぼシーズンエンドになってしまったということで、一区切りとしてお疲れ様でした。
(全勝すれば10勝しますが、残りの対戦には@SEAがあるので…。今回負けてしまいましたが、個人的に最後の負けが許されるのが@SEAだと思っていました。)

ということで雑感です。


①これは言わずもがなです。


②①でニュートンを心理的に焦らせた(もちろん焦った所で投げてはいけなかった)モメンタムの変化ですが、ご指摘の2ndダウンからの2サックは痛かったですが、個人的にモメンタムが変わりつつあると感じたのはKCのオフェンス。

2nd&10から2プレイ目にCBウォーリーのタックルミスで1stダウン更新、4プレイ目にTEケルシーのキャッチ&CBウォーリーを飛んでかわして1stダウン更新。このドライブはFG止まりでしたが、KCのオフェンスのリズムが生まれてしまったことでモメンタムがKCに行きだしたように感じました。


③確かにこの試合はRTウィリアムスはやられた試合でした。ただウィリアムスは今までOTの中で安定していた方なので仕方ないかなという感想です。
(もともと正RTㇾマーズの控えですが、PFFのレビューでATL・TB・LA戦のOF陣中TOP5の評価を受け、KC戦も3番目という評価。)
むしろ、2サックのシーンでは2サック目で1対1を抜かれた正RGターナーの方が問題だったと思います。結果的に戦犯の1人かもしれません。

ニュートンのパスはよく通ってよかったです。個人的に注目していた点としてはCBピータースの逆サイドでの攻防に注目していましたが、そんなことお構いなしにピータースの側も果敢に投げ、十分通してました。結局あのINTがなければということになるでしょう。

KCのDB陣ですが、CBピータースとSベリーに注目が集まりますが、ベリーの相方のSパーカーもパス守備のいいタイプでスロットCBネルソンも頑張っている所から、個人的にCARのパスオフェンスに不安があったのですが結果としてベリーのINTという形で不安が的中することになってしまいました。
(ベリーの相手は主にTEオルセンでなかなか見応えがありました。)


④ご指摘の通り、KCのOF陣の落球が多くレシーバーが抜いているシーンはアスミスのコントロールミスで通らずといった感じ。SボストンのINTもCBウォーリーががっつり抜かれてボストンの後ろは誰もいなかったから結果オーライといった側面も。

ランDFは相手のランを止めていたというには微妙なところ。相手RBウェアは今年既に3ファンブルロストを記録し、KCが負けた試合でそれぞれ1ファンブルロストしていたので、その点に期待したが祈りは通じず(苦笑)

そしてCBウォーリーのタックルミス。特に上記のシーンではケルシーにかわされたのはともかく、その前のタックルミスは完全にアウトでしょう。


⑤Pリーのアクシデントもモメンタムの場面に影響。例の2サックのシーン後のパント。本職のPならKCの20yard未満に恐らくできたはずですが、代役ガノーのパントはタッチバック。これも少なからず影響を与えたはず。
(リーは1Q残2分くらいでクエッショナブルになってました。)


ということで戦犯をまとめると①ニュートン②ウォーリー③ターナー、これにウィリアムス、そして可哀そうですがガノーが入るかというところでしょうか。

ともかく勝てた試合だったので大変残念です。

[ 2016/11/16 07:02 ] [ 編集 ]
Re: お疲れ様でした・・・
コメントありがとうございます。お疲れさまでした。
私はパンサーズを応援しつつ、リーグ全体の勝敗に興味を移していこうかなーと考えています。


なるほど、確かにその辺りからチーフスのオフェンスのリズムが出てましたね。
毎回コメント読ませていただいてから、「そーいや、そんなこともあったな」と思い出してます。


RTのウィリアムスはこの試合まで、ミスで目立ってなかったですね。確かに。
まあ、選手を覚えられたという点で良かったとポジティブに考えていこうと思います(笑)
正直まだラインの選手とセカンダリーの選手の名前と番号を覚えてないんですよね。


次はセインツ戦ですね。
サーズデーナイトで、前の試合から休息がないですが、しまった試合を期待しましょう。
[ 2016/11/16 23:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よーへー

Author:よーへー
NFLが大好きなアラサー男です。

試合結果や感想、NFLの魅力を伝えます。

パンサーズを応援していますが、どのチームも好きなので、ネタはいろいろです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。