GO! GO! PANTHERS!!

NFL カロライナ・パンサーズ応援ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぎりぎりで勝った。WEEK9 ラムズ戦 レビュー。

こんにちは。トランプ大統領の話題でもちきりですが、いかがおすごしですか。こういう大きな選挙を見ると、社会の授業はもっと近現代史や公民に力を入れていかなあかんのちゃうかなーと、いつも思います。江戸時代以前ってもっと扱うウェイト軽くていいと思うんですが、どうでしょう。

さて、WEEK9のラムズ戦の振りかえりです。ハイライトどうぞ。


2連勝だぜ、わーい(*´▽`*)
勝てて本当に良かった。ロースコアの試合だったし、相手の守備も良かったから、どうなることかと思いました。
不思議なもので3-5となると、あれ、なんかいけんじゃね?って気になってきます(笑)

①勝因
ラムズの強力DLにより、ランがあまり出ず。しかし、ラムズDL相手に何とかチャンスを作り、パスを要所で通してゲインできたのが得点に結びつき、勝利をたぐりよせました。
相手の反則に救われた部分も多かったです。
また、怪我で出場微妙と報道されていたキークリーが出場し、怪我を感じさせない気迫のこもったプレイを見せたのも要因の一つにあげたいと思います。
守備陣は前半の4th&1のギャンブルを止めてますが、あれは流れを引き寄せる大きなプレイでした。

②反省点
ニュートンは微妙にコントロールが定まっていないと感じるパスがいくつか。
ファンチェスへのパスが2本、オーバースローだった。1本はファンチェスがカバーを抜いてフリーになっていたし、通っていればタッチダウン。
後半のタッチダウンを狙うベンジャミンへのパスもちょっと高かった。あと10cm低かったら、ベンジャミンなら捕れていたと思われる。
やっぱオープンになったWRにはパスは通さねばね。

③アーロン・ドナルド
私はポジションでいうと結構DTが好きです。なのでアーロン・ドナルドはドラフトされた当初から結構気にしていて、「おお、また才能ありそうな選手が出てきたな、よしよし」と思ってたのです。
で、今回は敵だったのですが、彼の活躍が見れて割とうれしかったです。
ま、それもこれも勝てたからですけどね(笑)

④オンサイド・キック
最後の攻撃権を得るためのラムズのオンサイドキック。ふつうに蹴るのではなく、不意をついて蹴ってきました。数人まだハドルに残っていろいろ練っているのかと思ったら、キッカーが急に振り返ってキック。しかもボールがえらい飛んだ。

あれって思うに、不意をついて相手にボールを強く当てて、跳ね返ったり弾いたりして、とんだところを抑えようという作戦だったと思うんですよね。だからあんなに強めに蹴ったのだろうと思います。不意をついたのも相手に当てるため。

こういう作戦って、子どもが考える作戦みたいで面白いですよね。それをプロの選手が作戦に組み込んで、普段から練習して試合で使うってのが、さらに面白い。アメフトの戦略性のすごさ、おもしろさを感じた場面でした。

⑤次の試合はチーフス。
WEEK10はチーフスです。地味なんですが、勝ち星をのばしてますね。どうなることやら。近日中にプレビューあげますので、またよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2016/11/10 23:16 ] 2016年シーズン | TB(-) | CM(1)
11月決戦の初戦勝利
2016年の生き残りをかけた11月が始まりました。
とりあえず勝って、山となるKC戦・NO戦までシーズンエンドを持ち越すことができました。(POへは10勝してあとは時の運と考えています。)

まあ最終的に4Qの敵失に助けられた形で勝ちましたね。
このゲームのトップレシーバーだったLAのTEケンドリックの落球、そしてDTヘイズのホースカラータックル。ゲームを通じて活躍した選手及びポジションから致命的ミスが生まれた結果となりました。

もっとも、ゲームを壊さずこの展開を強いたDF陣は大健闘ですね。キークリー・トーマスのLB陣はさすがの一言。DBもブラッドベリーをはじめ、なんとかゲームを崩さずに済みました。

一方のオフェンスはOLが崩壊気味。CARのOLはC・Gは良くてTに課題のイメージですが、このゲームではTレマーズにターナー・ノーウェルの両GもPFF選出のWEEK9のワーストプレーヤー10に入ってしまう始末。
(引用:https://www.profootballfocus.com/pro-10-worst-players-from-sundays-week-9-nfl-action/

よって、ニュートンも普段平均2.65秒(2016年)で投げるところ、このゲームでは平均2.34秒で投げることを強いられたとのこと。そしてこれはリーグ1位の早さで投げるブリーズなみの早さらしい。
(引用:https://www.profootballfocus.com/pro-car-la-grades/

ということで、その中で20/32・225yardは及第点でしょうし(ランもでなかったので非常に窮屈なオフェンスだったと思います)、ご指摘の点もプレッシャーが一因と考えられます。もっとも、それでは改善しないですから、今後アジャストしてほしいところです。(ファンチェスとのコンビネーションはベンジャミンがカバーされた時の選択肢になるので精度をあげて欲しいですね。)

最後に
ラムズ戦を見た後、こんな動画を見つけました。

https://www.youtube.com/watch?v=DH-cSVm7J90

さすがに実際は人間がやることなので違う点が多々出てくるはずですが、展開としてはありえた内容だったので、こんなゲームにならなくてよかったと思いました。


[ 2016/11/12 04:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よーへー

Author:よーへー
NFLが大好きなアラサー男です。

試合結果や感想、NFLの魅力を伝えます。

パンサーズを応援していますが、どのチームも好きなので、ネタはいろいろです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。